生きてる人の人生って半直線みたいだ。
生まれたとき(始点)からずっと伸び続けて、終わりが見えない。


死んだら(終点)線分になるんだ。それが歴史。


直線と呼ぶには歪んでるって?ハハ、フリーハンドですから…。

振り返って見えた地平線の先まで行ってみよう

いやぁ、一期一会とはよく言ったもんだなと思いました。
当時は一生ものだと思っていたのに、今にしてみれば一瞬だった気もする―…ある意味嘘つきだなぁ。今なにしてるんだろ?
でもそれは、「全然変わってないね」とか言われながらも、しっかり変わってるってことか。良いか悪いかはさて置き。
この先もきっとこんな調子が続くのでしょう。


誰かを楽しませることが出来てよかった。
誰かを悲しませてしまってごめんなさい。


俺も誰かのおかげで楽しかった、ありがとう。
誰かのせいで悲しかった…けれども、許す。


きっと忘れてるでしょう。俺も忘れてた。
思い出してとも言わない。むしろ忘れててくれ。







ま、日本では地平線って見えないらしいですけどね。

Who am I?

振り返って具体的なものが残っているのはありがたい。
思い出したくないことも多いけど。
考え方が変わる。180度、360度、ぐるぐる。


今のルーチンな日常は楽だけど、どこか退屈だ。


今週末はお出かけ。楽しみを前に頑張ろう。